スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころとこいしの口裂け遊戯


「ねー。わたしキレイ?」
 深夜の人里で、秦こころは抑揚のない声を発した。
 口を三日月型に引っ張りながら、目の前に存在する少女の反応を待つ。
「知ってる! それって最近話題の口裂け女ってやつでしょ!」
 眠りについた里の人間が飛び起きてきそうな勢いで古明地こいしは答えた。
「そうなんだけど、こいしちゃんわたしの質問に答えてよ」 
「わたしよりずっとかわいいよ!」
「そんなこと訊いてないのに……」
「うちのペットよりもかわいいよ!」
「ペットよりかわいくても自慢にならないし……」
「それに、さとりお姉ちゃんよりもかわいいよ!」
「そんな人知らないし……」
 この問答が続いてどれくらい経ったであろうか。
 なかなか思うようにはいかないものだとこころはお面の表情を変化させる。
 噂で聞いた最近話題の都市伝説によると、こう質問すれば皆決まって「キレイだ」と答えてくれるらしい。
 せっかくだから実行してみたいと偶然出会ったこいしに試してみたら、これがまた上手く進まない。
「もしかして、わたしキレイじゃないのかも」
 だから都市伝説通りに行かないのか、それならば仕方ないとこころはお面を表情を湿らせる。
 面として作られた時はキレイな面だとよく褒められることがあった。
 あの頃が懐かしい。
 もしもキレイだとこいしに言ってもらえたららどんな感情になるだとうかと、こころは暗い夜空を見つめる。
「そんなこと口が裂けても言っちゃだめだよ!」
「……え?」
 急にこいしに手を掴まれる。
 触れる肌からこいしの暖かい体温が感じられる。
 視線を元に戻すと、こいしの顔がやけに近い。
 近すぎて少しドキドキするのをこころは感じた。
「こころちゃんはキレイなんだから、そんなこと気にしなくて良いんだよ!」
「……わたし、本当にキレイなの?」
「少なくともわたしはこころちゃんのことキレイだと思うし、そんなこころちゃんが大好きだよ!」
「別にそこまで訊いてないし……」
 頭が一気に熱くなっていくのをこころは意識する。
 同時に、感情を表す面が変化した。
「あっ! そんな嬉しそうなお面もあったんだ。てことはこころちゃん、今何かすっごく嬉しいことでもあったの?」
「……訊かないで」
 こころの顔が紅く染まっていた。
スポンサーサイト

『お掃除だいちゃん 難易度 -Hard-(上級者向け)』

「チルノちゃん、今日こそは綺麗にしてもらうからね」
 緑色の髪をリボンで結び、サイドテールにした少女がほっぺたを膨らませていった。
「『あたいお風呂嫌いだし』じゃありませんっ。女の子なんだから、ちゃんと綺麗にしないとダメですー!」
 チルノは自分のほっぺたをイーッと引っ張って反撃する。
「『だいちゃんなんて大嫌い』……? え? う、うそ、だよね?」
 大妖精は愕然とした表情で、へたりと膝をついた。
 顔が真っ青に染まっている。
「え、『今のは嘘』……? よ、よかったぁ……」
 まなじりの涙を指で拭いながら、大妖精は一枚のタオルを取り出した。
「じゃあ、チルノちゃん。キレイキレイしましょうね」
 大妖精が微笑む。
「さ、お洋服脱ぎ脱ぎしましょうね」
 大妖精は優しい手つきで、チルノの服を脱がせてくる。
 チルノの服を脱がし終わると、大妖精は「あ」と呟いて、片手で顔を隠す。
 赤くなった頬。指の隙間から覗く目は、チルノの産まれたままの姿を凝視していた。
「ご、ごめん。み、見てない。見てないよ? でも、拭くためには見なきゃダメだから、ごめんね、チルノちゃん」
 濡らしたタオルがチルノの指先をふきふき、ふきふきと拭っていく。
 痛くないどころか、むしろ心地が良い。
 濡れタオルは腕、肘、肩。
「あ、わき、くすぐったかった? ごめんね?」
 首筋に、胸。
「えっ。や、やらしくないよっ! む、胸の時の手つきが違った? そ、そんなことないもん」
 うぅぅ、と大妖精は可愛らしく唸りながら、チルノのなだらかなおなかに、おへそと拭いていく。
 お尻に太もも、ふくらはぎ。
「はぁ……。氷精って、肌白いねぇ……。へっ!? はわっ!? だ、だいちゃんの肌も綺麗だよ、って……!? ち、チルノちゃん、いつからそんなこと言えるようになったの!?」
 チルノのつま先、指と指の間すらも丁寧に拭き取りながら、大妖精は顔を真っ青にしていた。
「チルノちゃんがまさかのジゴロ……? ほ、他の女なんて、だ、ダメだよ……」
 ふら、とまるで幽霊のような佇まいだ。
「に、逃がさないもん……」
 大妖精が逃げようとしたチルノの頬を両手で抑えた。
「まだ、綺麗になっていないところあるよね?」
 チルノはぶんぶん首を横に振る。
「嘘。あるよね? じっとしててね……」
 ある種の怖さすら感じさせる平坦な声で言いながら、大妖精はチルノの横顔に口を近づけていく。
「はむ、ちゅ。ちゅ……おみみ、綺麗にしてないもんね」
 何か暖かく湿った感触が耳たぶをなぞっていく。
「みみ、かき……はむ。用意してないから、しかた、ないよね……。ごめんね……?」
 耳たぶから耳の裏側――そして、耳の上側のくぼみをなぞるように何かが動く。
「ちるの、ちゃん、はむ……。みみ、おいひ……♪ れる、ぺろ……ちゅ」
 しばらくお掃除を続けた大妖精は、反対側の耳もキレイにしていく。
 それも終わると、頬の赤みがどんどん抜けていき。
 逆に真っ青になった。
「ち、チルノちゃん……。ああっ、わたしは、なんてことを……」
 がくりと崩れ落ちた大妖精を見て、チルノはなぜかわからないが恥ずかしく思いながら声をかけた。
 青くなった大妖精の顔がまた、ぼんっ、と赤く染まった。
「ま、またしても、いいの……? ――チルノちゃん、大好き」

『添い寝 だいちる 難易度 -Normal-』


 湖のほとりに雪を固めたかまくらのような家があった。
 その家の中で、緑の髪をした愛らしい妖精がぱたぱたと動き回っていた。
「もう、チルノちゃん。ちゃんと片付けないとダメだよ」
 彼女は名前がなく、大妖精と呼ばれている少女だ。
「こんなに散らかして、もぉっ……」
 と言いながらどこか嬉しそうに氷漬けのカエルやら底の空いたバケツを片付けていく。
「聞いてるの? チルノちゃん、わたし怒ってるんだからね」
 ぷんぷん、とひらがなの擬音がつきそうな様子で頬をふくらませた。
「え? そんなに頷いて。って、ちゃんと片付けてくれるの? チルノちゃん、偉いね」
 そう言って大妖精は小さな手のひらで、頭をなでなでと擦ってくれる。
「うん、うんうん。そうだね。氷漬けのカエルはここで、それはこっちなの?」
 言うとおりに大妖精が物を片付けていく。
「って、チルノちゃん? チルノちゃん!?」
 ふらふらとよろめいて床に倒れたチルノに、大妖精はしがみつく。
「えっ……。考えすぎたから、頭が痛い?」
 大妖精の言葉にチルノが頷いて見せると、大妖精はふふ、と笑った。
「もうっ。大丈夫? ちょっと、寝よっか?」
 こくりと首を縦に振る。
 大妖精は意を決したように真剣な表情になって口を開いた。
「……し、心配だから、私が添い寝するね。チルノちゃん」
 チルノは気恥ずかしくて、両手で押しとどめるポーズをとった。
「チルノちゃん。お顔、真っ赤だよ? 恥ずかしいの、かな?」
 頭を使ったせいか身体に力が入らない。妖精の中では強大な力を持っているはずなのに、大妖精に肩を押されただけで、とすん――と押し倒されてしまう。
 心臓が大きく跳ねた。
 大妖精のほんのりと膨らんだ胸がチルノの薄い胸に押し付けられる。
「え? 胸が、あたってる……?」
 大妖精は恥ずかしそうに頬を赤く染めてから、ぎゅっ。
「恥ずかしいね。チルノちゃん。恥ずかしいから、もっとぎゅってしちゃう、ね?」
 氷の妖精だというのに、自分の恥ずかしさの熱で溶けてしまいそうだ。
「チルノちゃん、ひんやりして気持ちいい……」
 大妖精が赤くなった頬をチルノの頬にくっつけた。すり、すりすり。あつい、あつい、あつい。
 でもそれは大妖精の温かさなのか、恥ずかしいからなのか、さっぱりわからない。
「ねえ、チルノちゃん。ちゅーとか、してみる?」
 チルノが驚いてみせると大妖精は慌てたように言った。
「じょ、冗談。冗談だよ、チルノちゃん。だってわたしたち、お友達同士だし――」
 断られたと思ったのか、大妖精は悲しげに眉尻を下げた。まなじりに涙がたまっているようにすら思える。
 もしかしたら大妖精は勇気を出して言ってくれたのかもしれない。
「って、ち、チルノちゃ、ん? ん、ん、んむぅ……はぅ……む……」
 狭いかまくらのなかに、水の跳ねるような音が響く。
「ち、チルノちゃん。なんで……? だ、だいちゃんが勇気を出して言ってくれたから、って?」
 大妖精は「うう」と真っ赤になった顔を手で隠した。
「ね、その、チルノちゃん……。もういっかい、だめ?」

【東方SS】いつか声は空に届くと

お久しぶりです!

冬コミ前日ということで、前回の同人誌に載せたSSを公開してみました。
ちょっと長めなので、pixivのほうに5回に分けてあります。

よろしければおよみくださいませー。

いつか声は空に届くと
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3196407

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

【東方SS】マリアリ・ドキドキ・ラブドール

どーもこんにちは代表のうこんです。

早速の告知で申し訳ありませんが、来週1/27に行われる「紅のひろば9」に参加します。
場所は「ア25」です。入口からわりと目の前ですので、すぐに見つけられると思います。
お近くの方や、用があって紅のひろばに参加される方は、是非お立ち寄りくださいませー。

ていうか配置優遇されすぎでワロタ状態ですけどw

特に新刊もないのに申し訳ないです。
前回の既刊をたぶん5冊ほどと、あとはなにかペーパーのような物を作って配布する予定です。

内容は未定。なにしろまだ誰もなにも書いてませんからw
前日に徹夜で無理やり書いて印刷するフラグですねこれは。



告知だけではなんなので、前々回の本に載せた私のSSでも載せることにします。
再販の予定もないので、公開しちゃえーということで。

タイトルは「マリアリ・ドキドキ・ラブドール」。

頭の悪いタイトルで申し訳ありませんw
頭の悪い話なので、頭の悪いタイトルにしたかったのです。

内容は
アリスが魔理沙似の人形を創ってキャッキャウフフしようとしたら、なんと……!?
というお話です。

ではでは、どうぞー。

続きを読む

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

うれしのまゆげ

Author:うれしのまゆげ
東方SS合同誌を作成してます。
pixiv:http://pixiv.me/uresino_mayuge

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
仁王立ちだZE★霧雨魔理
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。